森で大活躍する特徴的な機械たち

岩手

林業機械は個性的

森の中で動いている機械を見たことがありますか?林業では機械化が進んでおり、効率と安全面から林業機械は重宝されています。そんな林業機械は場面に合わせて活躍する個性的な機械です。これから、林業における作業の場面とそこで活躍する機械たちを紹介します。

効率的な伐採作業を行う!

nakashima_森で大活躍する特徴的な機械たち_1_local

イワフジ工業株式会社HPより

ハーベスタは上の写真のようにショベルカーのような姿をしています。このハーベスタは高性能でいろんなことが単体でできてしまいます。木をアームで掴んで伐採をすることに加え、伐採した木の枝を払いながら好みの長さで丸太を切り落とすことができます。また、切り落とした丸太を掴んで集めることも可能で、これ一台だけで非常に効率の良い作業が可能になります。
実際に動いている動画が見たい方は以下のリンクからアクセスしてみてください。

集材と運搬のスペシャリスト!

nakashima_森で大活躍する特徴的な機械たち_2_local

イワフジ工業株式会社HPより

フォワーダは見た目のとおり丸太(短幹材)を集めて運ぶ機械です。クレーンがついており、木材を荷台に乗せて運搬します。このフォワーダは林業専用に特化しており、不整地や軟弱地ですばらしい運材性能を見せてくれます。先述で紹介したハーベスタと組み合わせれば最小人数2人での作業が可能となり、とても効率的といえるでしょう。

急斜面で大活躍!人工支柱を使って集材します。

nakashima_森で大活躍する特徴的な機械たち_3_local

イワフジ工業株式会社HPより

このタワーヤーダは急斜面で大活躍します。そもそも木材の集材には2つの方法があり、先ほど紹介したフォワーダは車両集材と呼ばれる部類の集材方法になります。このタワーヤーダを使った集材方法は架線集材といいます。ワイヤーロープを用いることで車両では行けない場所からも木材を効率的に集材可能です。加えて、車両集材にはない利点もあります。木材が泥などで汚れることが少なく、林地を荒らすことも少なく済みます。ただし、車両集材よりも設置等の面から少し人手がかかってしまいます。

上記で3つの林業機械を紹介してきましたが、これは林業機械のほんの一部です。林業機械はそれぞれ特徴的で、場面に合わせた使い方をすることで効率的な作業を可能にします。なおかつ、機械化により人員が削減でき、作業の安全性は大きく向上しています。また、力仕事だと思われがちな林業ですが、林業機械たちの活躍があれば力がなくても参加しやすくなるので魅力的ですね。

==================
イワフジ工業株式会社
住所:岩手県奥州市水沢区字桜屋敷西5番地1
TEL:0197-23-3111
ホームページ:http://www.iwafuji.co.jp/

おすすめ記事