伊勢志摩リアス式海岸の眺望

三重

海と複雑な地形が織りなす大パノラマ。その感動の景色が見られるのはここ三重県伊勢志摩。この複雑な地形はリアス式海岸といい、海面上昇や地盤沈下によりこのような複雑な地形を作り出しています。今回は、綺麗な海の景色と新たなる発見を求めて散策に出かけてみました。

まず、たどり着いたのは三重県南東部の端に位置する近鉄志摩線「賢島(かしこじま)駅」。賢島は伊勢志摩サミットの舞台にもなった場所で、三重県の津駅からは特急で74分、名古屋駅からは125分ほどで行くことができます。到着後、はじめに駅のすぐ近くにある「英虞湾(あごわん)」を目の当たりにします。

英虞湾の港から

ここ英虞湾は“真珠養殖発祥の地”。現在でも真珠の養殖が盛んで、さらに牡蠣の養殖も盛んだそうです。天気の良い日に行けたので磯の香りとともに心地のよい海風をじっくりと体感できました。眺めはというと深緑の海の色はとても綺麗で穏やかな波の流れを感じることができました。さらにここでは周遊クルーズ楽しむことできます。とても人気を博しており、多くの観光客で賑わっています。また、付近には「志摩マリンランド」(水族館)もあり子供連れでも楽しめそうです。

賢島大橋からの一枚

英虞湾の大パノラマを一望!

海岸沿いから景観の良い海を眺めることができましたが、もっとこのあたりの地形をよく見ることのできる場所があります!賢島駅から名古屋方面へ戻ること7分、近鉄志摩線「志摩横山駅」に到着。横山展望台へ向かいます。車があれば付近の駐車場まで行けるのですが、公共交通機関の場合は駅から徒歩かタクシーしかありません。距離は2.2kmほどでした。タクシーではおよそ10分程度で着くようです。

今回、私は歩くことを決心しました。成人男子である私がゆっくり止まることなく歩き続けると、実際にかかった時間は展望台までおよそ30分ほどです。ほとんど一本道なので道に迷うことなくたどり着けました。ただ、ほぼ坂道を登ることになりますので体力的な面では少し疲れます。その日の気温は18度、歩いていると汗が出てきてとても暑かったです。歩けない距離ではないですが一人で歩く30分はきついかもしれません。個人的には車で行くことをお勧めします!ただ、体力がある人は歩いて散策がてら向かってみてはいかがでしょうか?歩く道の左右には田舎の風景や森の景観を見ることができます。
さて、いよいよ入り口に到着しました。

ここからとても急な坂が続きます。 しっかりとした靴を履いていった方が良いかもしれませんね。
そして、歩くこと数分、ついに頂上へ到着!頂上までもそこまでの時間はかかりませんでした。駅からここまで頑張って徒歩でたどり着いた景色がこちらです!


とても雄大な景色に圧倒されてしまいました。遠くの水平線も眺めることができ、素晴らしい景観に驚くばかりです。写真ではほんの一部しか伝わりませんが感動的な景色でした。びっくりしたことがもう一つあります!実は、展望台が4つあったんです。最初に着いた場所が横山展望台。その他にも山を少し上っていくと見晴展望台パノラマ展望台英虞湾展望台があります。それぞれまた違った景色を楽しめるのでぜひすべてまわってみてはいかがでしょう?
山の中では小さな木のトンネルも発見しました!

とても楽しい森林浴ができるスポットです。また、山頂近くまで車で行けるのも嬉しいですね。気軽に森林浴を楽しみたい方にはおすすめです!一度、伊勢志摩へ雄大な景色を見に訪れてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事