47都道府県の柱プロジェクト~滋賀県~

滋賀

丸松木材株式会社(滋賀県)

この「47都道府県の柱プロジェクト」シリーズでは、名古屋・伏見にある「moriwaku cafe」と岐阜県の養老町と輪之内町にある「moriwaku market」内で柱材として活用されている各県の木や、その柱材の提供者である事業体について紹介しています。

<滋賀県の森林・木>
滋賀県は日本最大の湖である琵琶湖を有しており、森林はその琵琶湖の水源として重要な役割を果たしています。県産材として流通している「びわ湖材」は、合法性が確認できる滋賀県内の森林から伐採された原木と、その原木を県内で加工した製材品などの木材のこと。現在、県内の丸太産出量は年間約6万㎥と林業が盛んな地域とは言えませんが、今後は植えてから50年、60年を経た森林が伐期齢を迎えることになり、今までよりも多くの場面で「びわ湖材」が使われることになりそうです。

※ 「伐期齢」:林木が成熟して伐採時期に達した林齢。(「森林・林業・木材辞典」より)

彦根のまちから、ずっと、もっと

0170ff6601263363d2d4c3108eaeb9497970c8fa14

 

多種多様なフローリングサンプルがあるなど、施工時のイメージに近づけたショールーム

多種多様なフローリングサンプルがあるなど、施工時のイメージに近づけたショールーム

「丸松木材株式会社」では、主に木材を中心とした住宅用資材を滋賀県内の建築関連企業へ販売しています。木材流通の一役を担っているからこそ、生産現場である山側、作り手である工務店、使い手であるエンドユーザーまでをいかに上手くつなげられるかが一番の使命であるという自負を持って取り組んでいます。全国の木材産地とのネットワークを活かして、原木の仕入れから製材の発注までのコーディネートも手掛けています。特殊なサイズの材やオーダーメイド材の要望にも応えられる体制が整っています。そのほか、工務店サポートとして、木材知識や住宅最新動向のセミナーやイベント開催、各種補助金案内などにも力を入れています。

また、年に一度「イイネタマルシェ」を自社の敷地内で開催。このイベントは、グルメや雑貨、アクセサリーなどのお買い物、DIY体験などが楽しめるものです。健康や環境のことに気を使うのはもちろん、顔の見える付き合いの中から生まれる安心感や、実際にふれてみたり口にしたりして自分が良いと感じたものに囲まれた暮らし、そんなライフスタイルを共有できる場なればという想いから続いています。木の香りやぬくもりを感じる空間で、普段木にふれる機会があまりない人も多く来場する恒例のイベントになっています。こうした地域密着スタイルで、さまざまな人に、あらゆる地域の、多様な木材を届けています。

上記の滋賀県の木は森ワクカフェ(https://bit.ly/2K2wHfc)と森ワクマーケット(https://moriwakumarket.jimdo.com/にて柱材として活用しています。その風合いをぜひ間近で体感してみてください!

=========================
丸松木材株式会社
滋賀県彦根市古沢町646番地
TEL 0749-22-5535
MAIL info@marumatsu-mokuzai.co.jp
HP http://marumatsu-mokuzai.co.jp/

参考文献等)
びわ湖材を使ってみませんか?/滋賀県
http://www.pref.shiga.lg.jp/yokaichi-pbo/ringyo/chiikizai/chiikizai.html

おすすめ記事

    おすすめ記事はありません。