47都道府県の柱プロジェクト~山口県~

山口

株式会社みうら(山口県)

この「47都道府県の柱プロジェクト」シリーズでは、名古屋・伏見にある「moriwaku cafe」内で柱材として活用されている各県の木や、その柱材の提供者である事業体について紹介しています。

<山口県の森林・木>
山口県の林業は、鎌倉時代に行われた奈良・東大寺の再建に木材が使用されるなど古い歴史があります。当時は山口市徳地で伐採された大木が筏で佐渡川を下り、さらに瀬戸内海から本州へと運ばれていたようです。長州藩の時代には植林などにも積極的に取り組み、資源としての森林の充実に努めてきました。現在は森林面積が県土の約7割を占めており、その内97%が民有林です(残り3%が国有林)。日本全体で見ると民有林は約7割と、ほぼ民有林である山口県がいかに特徴的であるかがうかがえます。

木のある豊かな暮らしをつくる

「株式会社みうら」は昭和2年に創業し、「幸せを木と共に85年」のキャッチフレーズのもと、一貫して木材業を中心に行ってきました。木を伐ったり挽いたりする「山林・製材事業」から始まり、現在は顧客の多様なニーズに応えられるよう「企業向け梱包資材・造船材」「大手ハウスメーカー向け木材加工生産」「一般住宅向け構造材・パネル生産」「住宅リフォーム・新築事業」などさまざまな事業に取り組んでいます。また、無垢材を使用した建具や家具などを自社工場で製作し、室内空間をトータルでコーディネートしています。木目や節など一つひとつに個性があり、時間とともに木肌にツヤや深みが増していく変化を愉しめる木材。そういった木の特性を大切にしながら長く使ってもらえるものづくりを目指しています。

家の中に木をふんだんに取り入れることで、より快適で上質な暮らしを。

一つずつ愛情を込めてものづくりに励んでいます

一つずつ愛情を込めてものづくりに励んでいます

 

新築施工事例。暖かみを感じる木の色合いが印象的です

新築施工事例。暖かみを感じる木の色合いが印象的です

上記山口県の木は森ワクカフェ(https://bit.ly/2K2wHfc)と森ワクマーケット(https://moriwakumarket.jimdo.com/にて柱材として活用しています。その風合いをぜひ間近で体感してみてください!

=====================
株式会社みうら
山口県周南市野村3丁目24-1
TEL 0834-63-8811
HP http://www.m-style80.com/index.html
http://zakka.rustic-modern.com/(雑貨)
http://rustic-modern.com/(インテリア空間の提案)

参考文献等)
山口県の林業 | 山口県森林整備支援センター – 山口県森林組合連合会http://www.ykenshin.or.jp/yamahito/ringyou.html
山口県農林水産部森林企画課「平成27年度 山口県森林・林業統計要覧」
林野庁(2017)「平成28年度 森林・林業白書」

おすすめ記事