白樺のごとく柔軟なスタンスで。ものづくりに日々向き合う。

職人

木工作家として、さまざまな木材を扱い活躍を広げる鈴木岳人さん。 現在は、高山市国府に工房を構え、椅子や机・棚といった大きな家具から、雑貨などの小さな小物まで、魅力的な作品を数多く生み出しています。そんな鈴木さんに、木工作家になるまでの経緯と現在の取り組みについて…

この記事は森ワク会員限定記事です。

この先を読むには森ワクにログインする必要があります。

おすすめ記事