“犬が楽しい”はきっと、人も森も楽しい

スポット

トヨタ自動車といえば、日本が誇る自動車メーカー。森の情報を集めたWEBサイトで急になんでトヨタ?ってなりますよね。書いている私もいまだにちょっと不思議です(笑)

実は、2007年から三重県大台町で同社による森林管理が始まりました。さらに、この森を舞台にスタートした企画が「FOREST CHALLENGE」。“森林再生のため森に関わる人を増やしたい”という想いから始まった取り組みです。森の資源や空間を使い、森の活性化を目指します。
※トヨタ自動車HP「トヨタ三重宮川山林」https://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/social_contribution/feature/forest/mie/

そしてなんといっても、この取り組みに必要不可欠なのが“人”です。森はたくさんあるけれど、じゃあそこにある資源や空間をどのように活用していくのか、どうしたら森にも社会にも恩恵がもたらされるような活動ができるのか、考え、実行していく“人”が必要になります。

そこで、協同していくチャレンジャーを2017年11月に一般公募で募集しました。その結果、森に関わりたいと熱意を持った3名を選出。2018年4月から、新たな森の事業が始動しました。
※2018年11月に開かれたイベント記事はこちら → https://moriwaku.jp/features/4567

なんだかちょっと、このフォレストチャレンジが気になってきたのではないでしょうか?
お?気になってきたって?ですよね、私もめちゃくちゃ気になってきました!

ということで、それぞれのチャレンジャーから貴重な時間をいただいてお話しを聞いちゃいました。その内容を皆さんにもおすそ分けします!

今回は2人目のチャレンジャー、愛犬家・小田明さんです。

 


小田さんのチャレンジテーマは『ワンコと冒険に出かけよう』。
森林空間を活かしたドッグフィールドの提供を目指します。

いきなりですが、まずは動画を見ていただきましょう。

どうでしたか?なかなか面白そうじゃないですか?飼い犬を森の中で自由に走らせることができる場所は、どこにでもありそうで、意外とありません。元々、東京でサラリーマンをしているという小田さん。どうしてまた、“犬×森”という着想にたどり着き、そしてドッグフィールドという形で実行するに至ったのでしょうか。

3~4年ほど前からローカルで暮らしていきたいと、模索を始めた小田さん。ちょうど、古民家再生や食をテーマにしたものがトレンドになっていたこともあり、そういった活動を考えたこともありましたが、一方で、「自分にしかできないこと・やりたいことは何だろう」と思いをめぐらしました。

ふと思い出したのが、出身地である島根県。森林資源が比較的豊富にあるものの、森に携わる人も少ななり山々が荒廃している姿をふと思い出しました。そこから“森”に着目。すぐに思い浮かぶものといえば木工など木を使ったモノづくりでした。そうは言っても特段スキルはありません。その中で行き着いたのが、「犬が好き」というシンプルな、でも自分にとっては大切で確かな気持ちでした。

無事チャレンジャーとして選ばれてから始めたことは、1700ha(東京ドーム約364個分)もある広大な宮川山林の下見。あまりにも広いので軽トラで駆け回ったそうです。実際に森に入ることで、自分の中で少しずつ実現へのイメージが湧いていきます。それに対して、周囲に自らの構想を話しても、「なにそれ?」という反応でなかなか伝わらなかったと言います。

トヨタ宮川山林,ドローン

ドローンで撮影したトヨタ宮川山林

トヨタ宮川山林,ドローン

フォレストチャレンジ,ドッグフィールド,ドローン

言葉だけではだめなんだと、そうして思いついたのが“映像”でありそれも“ドローン”を使ったものでした。実際に小型のドローンを自分で買って試してみたところ、これだと確信。大台町で活動しているプロの方に協力を仰ぎ、本格的な映像を撮影しました。この動画を配信するためのWEBサイトもつくり、少しずつ取り組みを形にしていきました。

トヨタ宮川山林,ドッグフィールド

トヨタ宮川山林,ドッグフィールド

11月にはモニタリングとして、イベントを4回実施。大々的にPRしたわけではないものの、SNSでの発信や口コミにより全日満員に。ニーズがあることを確信しました。また、森を走り回る犬たちは普段よりも表情が生き生きとしてくるようで、飼い主たちからも実感の声が多くあったそうです。穏やかな川の流れの音、森の香り、野生動物の気配など、五感を刺激されるのは人間だけではなく犬も同じなんですね。

※イベントの様子はこちらから↓
https://wanslaugh.jp/category/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E5%BD%93%E6%97%A5%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90/

トヨタ宮川山林,ドッグフィールド

まだまだ始まったばかりの取り組み。今後は、安全を確保しながら、ノーリードでも自由に遊べるサービスを工夫していきたいと小田さんは話します。さらに、まだ大台町にはない、愛犬とその家族のための一緒に利用できる温泉・宿泊施設をつくることも構想中とのこと。

なんだか想像しただけでもワクワクしてくる空間になりそうですね。本当にあったら私も行ってみたいです!でも、犬は飼っていないので、そのために犬を飼って行きたいくらいです(笑)

「いつできるんだ?」
「早く行きたい!」

という声が聞こえてきた気がしました。

皆さん、WEBサイト「Wans Laugh」の最新情報は常に要チェックですよ!!
https://wanslaugh.jp/

 

【執筆者:森ワク編集部】

おすすめ記事